モットン 怪しい

モットン 怪しい

モットン 怪しい

 

 

 

腰の痛みのせいで、つい足を組んでしまったり、椅子の背もたれにだらしなくもたれて座ってしまったりすることが多いです。立っている時も、慢性的な痛みや張りが感じられるため、気が抜けると背中を伸ばせず腰が後ろにひけた感じ(猫背)になってしまいます。常に鈍痛がある感じが腰から背中にかけて感じられ、時には部分的に鋭い痛みが走ることもあります。どうしても痛みが辛い時には、鎮痛剤で抑えることもあります。痛いと感じた時にすぐにケアができる状態ならいいのですが、なかなかそうできないことも多く、手で押したり叩いたり、場当たり的なほぐしをしていますが、解消には至らないので、また悪い姿勢に戻ることがほとんどです。腰痛が強いと物事をする意欲も減退しがちで、顔にも疲れが出てしまうことが悩みです。沢山の腰痛解消の体操なども紹介されていますが、一番効果的なものが自分にとって何なのか、情報が多すぎて分からなくなることもしばしばです。

整骨院治療と自己管理

 

 

日常的に家の中でも腰痛解消のためのストレッチをしたり、定期的にフィットネスジムに行きウェイトマシンなどを使って動かすようにしています。どうしてもそれでも辛いときは、整骨院で手技や超音波などによる施術を受け、ほぐしていただいています。普段から意識して、姿勢を保つことはもちろんですが、血流の悪さや代謝の悪さ故にしんどくなっている部分もあるので、身体を温めるものをたべたり、身体を冷やさないように衣類での調整をしたり、貼るカイロなどを使用したりもしています。矯正下着やサポーターなどでのケアも、必要に応じて使うといいかと思います。腰が痛いからといって動かさないでいるとますます硬直していってしまいます。身体に過度の負担にならない範囲で動かして、身体を柔らかく保てるように日々の生活の中で気をつけていけば、「あ、今日は身体が楽だな」と思える時間が徐々に増えていくのではないでしょうか。疲れがたまりやすい部分なので、意識してためないようにする努力が必要だろうと思います。